« 高遠の桜 | Main | 自転車サドルの鍵 »

June 07, 2012

足の腱鞘炎

by <アンケート調査・インターネット調査モニター>どり

先日急に右足が痛くなり、床に着くのもつらくなりました。
いったいどこが痛いのか分からず、手当り次第湿布を貼りその日は就寝。

次の日にだいぶ楽になった足を見てみると、足の甲が赤くはれているのを見つけました。
病院に行きたくても週末で行けず、晴れている部分に湿布を貼り様子を見ることに。

週明け、大分楽になってはいたんですが、赤みも引かないまま。
やっと病院に行って、レントゲンを撮ってみても骨に異常はない。(これには一安心)
そして出た診察結果は、足の腱鞘炎。

腱鞘炎って足もなるんだ。というのが一番初めの感想。
思わず口にすると、「足にも腱があるからね。」との先生のもっともなお答えをいただき、
痛み止めと湿布を処方してもらいました。

さすが病院の湿布というべきか、痛みもひき後は痺れのみ。
初めての痛さで驚きましたが、新しい(私が知らなかっただけですが)発見もできました。

June 7, 2012 in 健康 |