アンケート・モニター新着情報

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

« 反抗期!? | トップページ | 在りし日の祖父を思って・・・ »

2009年4月14日

夫の操縦法

by <アンケート調査・インターネット調査モニター>ドレミ

 結婚17年目。3人の子供の母です。

主人とは学生時代、知り合い、5年つきあって結婚しました。
披露宴のときには長男がお腹に。いわゆるできちゃった婚でもあり、主人は2学年下。当時はまだ、流行らなかった姉さん女房となりました。

 そのせいか、彼はわがまま。子供が生まれても子供のままで互いにイライラしていたと思います。今思うと、子供にやきもちを焼いていたのです。

でも、当時はその気持ちに気付くような心のゆとりが私にはありませんでした。

それから、続けて二男が生まれ、長男と6歳違いで長女が生まれ、私たちは父と母という立場で、子どもたちを育てていくのに、精一杯でした。
互いにイライラして喧嘩もしばしば。姑を巻き込んだことも。

 でも、子供たちが学校へ行くようになり、私地震、気持ちにゆとりが生まれたのだしょう。ママ友達もでき、子供がいないあ間にランチという楽しいイベントも多くなりました。

そんな折にふと思ったのです。
なんと、皆さん、ご主人よりも子供という人が多く、子供中心の生活。私も当時はそれが当たり前と思っていましたが、何か、違うとおもったのです。

夫婦は親であるまえに男と女です。恋人同士であったはずでそれは永遠に変わらないのではないかと。
そういう気持ちで主人に接してみるとなんと、彼は子供であること。

やはり、優しくされたり、甘えたり、立ててあげたりすると悪い気持ちにならないようで、次第に落ち着いてきて子供を叱ることも少なくなってきました。

↓ おひとり、おひとつのクリックが励みになっています。

よろしくお願い致します。(^_^.)

« 反抗期!? | トップページ | 在りし日の祖父を思って・・・ »

暮らしの知恵・気づき」カテゴリの記事

おしゃべりブログ内検索

ブログの方針


  • ・コメント大歓迎です。
    ・トラックバックも大歓迎です。
    ・ただし、ネガティブな単語が入っているものやネガティブな文章は勝手に削除しちゃいます。
無料ブログはココログ