« 2人の母の味とおうちごはん | Main | ちょっとした一品追加 (天ぷら) »

August 07, 2007

めがねを変えて気分リフレッシュ

by <アンケート調査・インターネット調査モニター>ミッチーママ

最近、かけている眼鏡が良く見えなくなって、ちょうど、子供が視力検査で視力が悪くて再検査用紙を持って帰ってきたので、一緒に眼鏡屋さんに出かけました。

うちは5人家族、うち主人は遠視、私は軽い近視、1番目の子はきつい近視と乱視、2番目は近視が成長と共に進みつつあります。無事なのは3番目だけです。

さて、子供の視力は両眼1段階度が進んでいたようで、すぐに変えなくていい程度でした。近視が加速している段階では軽めの度の眼鏡にして出来るだけ自分でも日ごろ目の調節をするようにするそうですが、神経質なのか学校でもうちでもいつも目をしかめて眉間にしわを寄せることが多いので先生も気にかけていただいているようで、今回はレンズをかえることにしました。

ついでにレンズを交換中に私も見えにくくなったのでと、検査して貰いました。すると、「度は進んでないようですが、」といわれ、ふと私の眼鏡を見られて、「ああ、レンズが波を打ってます。」これは、眼鏡をかけたまま、熱いところ、寒いところへ出たり、お風呂場やトイレの掃除のとき誤って自分に洗剤がかかってしまったかもしれないとのこと、また、レンズを5年変えてなかったことも重なっていたので、寿命かもしれないといわれました。
そして、眼鏡屋さんで本来の私の度のレンズの入った眼鏡をかけさせてもらったら、なんとクリアに見えること。そこで、私は5年前の眼鏡から、今はやりの太い縁の眼鏡に替えることになりました。
母の顔はうちの顔、ということで家族は私に散々色々な眼鏡をかけさせて、2日かけてやっと赤クリア縁の眼鏡を購入しました。

主人いわく、「ちょっと若い感じがする」といってくれ、とても気に入っています。また、子供の幼稚園友達のお母さんにも、「その眼鏡、いいですね。」から自分の眼鏡を選んだ理由などの眼鏡談義に花が咲いて、交際運を呼んでくれたような気がします。

仕事場でも時間も早々の仕事なので人の顔をみての仕事ではありませんが、仕事場の人に「おはようございます」と声をかけると、1度じっと見られてしまい、恥ずかしいような、うれしいような・・・。

なんだかいい気分になりました。


↓ おひとり、おひとつのクリックが励みになっています。

よろしくお願い致します。(^_^.)

August 7, 2007 in 暮らしの知恵・気づき |