« 学校の制服 | Main | 革製品のお手軽お手入れ法! »

June 21, 2006

深刻な内容の思い込みも……

by<アンケート調査・インターネット調査モニター>翔子

横文字がはやるようになり、老若男女を問わず使わざるを得ない世の中です。

とくに固有名詞などは、避けて通ることができません。でも、紛らわしいことばがあり、間違ってしまうと、とんでもない意味になる場合もあり、本人がそれに気づかないだけに悲惨です。
<TパックとTバック>

現在60歳代になる女性ですが、「袋いり紅茶」のことを「Tバック」と思い込んでいました。まわりにいる人は、状況から察知できるのですが、全然意味が違いますので、もし本人がそれに気づいたときは、どんな反応を示すのかと思いました。でも、長年「人間」をしていると、多少のことには同じないのでしょうか。

ちなみに、彼女は「テクノワーク(会社名)」と「テクノパーク(新興住宅地の名前)」も間違って覚えていましたが、それくらいは愛嬌でしょうね。
<バブルとバルブ>

バブルが崩壊して、もう10何年になるのでしょうか。これは、当時勤めていた職場での体験です。ある管理職の人が書いた文章に「バルブが崩壊して」とありました。彼がいた部署は「給油所」。当然、バルブも取扱います。でも、その人はその後、無事定年退職をしました。彼の在職中に、重大な事故が起こらなくてマジでよかったと思っています。もし、バルブが崩壊すれば、笑い話では済まされませんものね。

↓ おひとり、おひとつのクリックが励みになっています。

よろしくお願い致します。(^_^.)

June 21, 2006 in 暮らしの知恵・気づき |