« 藤原美智子さんデイリー美白美容法 | Main | キッチンバサミはすぐ手の届くところに »

April 06, 2006

プラスアルファの旅(ビーチ編)

by<アンケート調査・インターネット調査モニター>ゴマ

【要約文】
普通の旅行じゃつまんない!ツアーで行くと予定がぎっしりつまっちゃっててちょっと・・・。もう春だけど、まだまだ寒くて・・・。
そんな時に、もし時間があるなら暖かい国に行ってビーチでのんびりなんてどうですか?

【コラム本文】
だんだん桜も散ってきてしまいました。
もう春だというのに、気温は上がったり下がったりで冬のコートに戻ろうか、スプリングコートで頑張ろうかと悩む日が続きます。

そんな中、私は仕事中も食事中も夢の中でさえも、今は旅に出ることで頭がいっぱいです。今、この時期にもってこいの場所はやっぱりタイですね~。
タイと言えば有名なのが首都のバンコク。あとはビーチと言えばプーケット。でも、実はタイはきれいなビーチがたくさんあるから、わざわざ観光客の多いプーケットとかに行かなくてもよいのでは?

そこで、私のお勧めは・・・というと、まず第一に

・タオ島
ここはバンコクから深夜バスで行きが1,500円、帰りが2,400円、合計往復3,900円で行けます。

この島はダイビングで有名な島で日本人スタッフが常駐しているスクールもあります。タイに行ったついでにダイビングのライセンスも取ってきちゃった~なんてことができます。ちなみに、ライセンスも一番初心者用のオープンウォーターが27,000円で取れちゃいます。

内容は、1日目が映像とテキストブックを使っての授業(テストあり)、2日目がプール研修、3日目が実際に海に潜っての研修で終了です。

このタオ島は、ジンベエ鮫が出ることで有名なスポットで、研修中にジンベエが!なんてことも過去にはあったそうです。ちなみに、私の時は一度も見れませんでした。ピークはゴールデンウィークだそうです。スクールによっては、宿泊施設と提携してるところもあって、スクールに参加した時点で宿泊施設もおさえてくれます。

そして、第二に、

・チャン島
ここは、バンコクからまたまた深夜バスで往復900円。タオ島に比べると断然安い!

この島は像で有名な島で、チャンとう言う名前も像って意味らしいです。で、なんでこの島の交通費が安いかというと、タオ島に比べて観光客も少ないからです。バックパッカー達がどんどん増えていってはいるものの、まだ他のピピ島(映画「ビーチ」のロケ地)とかに比べると全然少ないんです。

そして、この島、ビーチも3ヶ所あって、一番人気なのがホワイトサンドビーチ。ここは、まだ人が多いほうです。次に、カイベービーチ、そして、ロンリービーチとつながっていきます。

私は、カイベービーチまで行ってみましたが、カイベービーチは本当に人が少ないです。もちろん日本人だって私しかいませんでした。

この島でできることは、ひたすらだらだらすること。ハンモックがぶら下がってる木の間でハンモックに揺られながら日が暮れるのを待つんです。もちろん、ここでもダイビングはできるので、ダイビングライセンスを持ってたら、ダイビングに行くのも手です。

そして、この二つの旅で共通したメリットが、別に決められたツアーってわけではないので、嫌なら行かなければいいし、予約だって必要ないんで、突然行く事だってできます。ホテルは?と思うでしょうが、たいていぶっつけで行っても泊まれます。
そんなこと言ったって、言葉が通じないのに、そんな勝手な旅行できないわよ、と思うかもしれませんが、タイは日本人も多いので、簡単にできちゃうんです。必要なのは行動力のみ!

・バンコク
これに関しては私ができなかったけど、こんなのもあったよ、って情報。
バンコクのカオサン通りには、たくさんのゲストハウスがあります。その中で旅行会社も経営してるところもあり、そういったところが募集してるちょっと変わったプランがあります。
それは、タイの料理レッスンプランです。これはまる一日使って、タイ料理を教えてもらうプランです。ちょっとした暇つぶしになります。

そして、これは本当にちょっとした暇つぶしで、英語ができるよ、って人への提案になってしまいますが、バンコクにはMBKセンターという大きいショッピングモールがあります。
ここには映画館が併設してあり、映画一本360円で見れます。しかも、映画が始まる前に、ちょっとした王様にお祈りする時間が流れたりするので、不思議な異文化雰囲気も楽しめます。

旅好きの私がお勧めするこんなプラスアルファの旅はどうですか?

【アドバイス】
必要なのは行動力!タイは物価が安いので、日本の旅行会社などでオプショナル料金を払わなくても、簡単に行くことができます。航空券さえあれば、あとはフリープラン!


↓ おひとり、おひとつのクリックが励みになっています。

よろしくお願い致します。(^_^.)

April 6, 2006 in 旅行・映画・演劇・音楽・読書 |