« 自分らしく生きる | Main | 甘えびを、余すことなく堪能! »

June 10, 2005

毎日こつこつ虫歯予防

by<アンケート調査・インターネット調査モニター>ちびたみ

6月4日は語呂合わせで「虫歯予防デー」です。1958年から、6月4日からの1週間を「歯の衛生週間」として、歯磨きの習慣を心がけようなどの運動が各地で行われています。

近年、お口の健康に対する知識も高まり、虫歯予防の重要性が注目されていますが、日本の子供の虫歯の数は他の先進国に比べてもあまり減っていないそうです。日本と欧米諸国とは生活習慣や価値観の違いだけではなく、ホームドクターによる定期健診を受けることやフッ素を使って積極的に予防を行っているかどうかなどが大きな違いのようです。

虫歯にならないためには どうしたらいいのでしょう?まず、食べたら歯磨き。口に残った食べ物、主に糖質類は虫歯菌に分解され酸を作り出しその酸が菌を溶かして虫歯を作ります。だから歯磨きで汚れを落とすことが大切なのです。そして、歯磨きの後にキシリトール入りのガムを噛むとより効果的だそうです。キシリトールは天然素材で、甘味料でありながら虫歯の原因となる酸を作り出さない優れ物です。お菓子感覚なのでお子さんも喜ぶと思います。(1度に多量に摂取すると、腸管からの吸収が遅いので腹部膨満感、軟便化、下痢などの副作用が起きることがあるようです。気をつけましょう。)

それからフッ素も活用しましょう(これは賛否両論ありますが・・・)。フッ素は、虫歯菌に抵抗する強い歯質を作るのです。フッ素はお茶などにも含まれていますが虫歯予防には量的に足りないので、フッ素入り歯磨き剤やうがい薬、手軽なフッ素スプレーなどを毎日使用するといいと思います。また歯医者さんで専門的なフッ素塗布が行われていますよ。

「時間を決めておやつを食べる」「食後には必ず歯磨きをする」などの虫歯予防は、家族全員で習慣にしたいものですね。子供にうるさく「歯を磨きなさい!」と言っても、親たちが実行しなければ、子供の身にはつきません。子供の健康な歯は、家族みんなの健康的な習慣で作られます。歯の衛生週間だけでなく、毎日こつこつ虫歯予防。歯を大切にしてしましょう。

↓ おひとり、おひとつのクリックが励みになっています。

よろしくお願い致します。(^_^.)

June 10, 2005 in 健康 |