« 離乳食のウラ技! | Main | 「家紋の茗荷(みょうが)を食べてはならない」の禁を破る »

May 31, 2005

身近な飲み物で健康になろう!

by<アンケート調査・インターネット調査モニター>ちびたみ

緑茶、紅茶、ウーロン茶。最近は、いろいろな薬草茶、健康茶も出回っていますね。食事の後に、喉の乾きをいやすために、何気なく飲んでいるこれらのお茶が、私たちの体を健康にしてくれる栄養素をたくさん含んでいるそうです。

お茶の栄養素といえばこのカフェインがよく知られていますが、このカフェインには脳血管を広げ、頭の方へ血の流れを促進させ、栄養の補給をする効果があります。また、大脳を穏やかに興奮させて眠気を覚まし、精神活動を高め、疲れをとってくれます。さらに心臓の働きを活発にし、利尿を増進する働きもあります。

夜眠る前にカフェインが含まれているものを飲むと眠りにくくなると言われますが、緑茶のテアニンというアミノ酸が、カフェインの興奮作用を抑える働きがあるそうなので、眠る前にどうしてもお茶が飲みたくなったら、緑茶を飲むといいかもしれません。

その他に、お茶にはタンパク質、茶カテキン、ミネラル、炭水化物などが含まれていますが、この中でもっとも注目を浴びているのがお茶の独特な渋みのもととなる成分、「茶カテキン」。この「茶カテキン」に、発ガンを抑える作用があることが解明されました。そのほかにも、血中コレステロールを低下させる、老化防止、血圧の上昇や血糖値の上昇を抑えるなどといった成人病に効き目があることも分かってきたそうです。

緑茶に含まれるビタミンC,Eは、日焼けを防止し、美しい肌をつくる効用もあります。また緑茶は、脂肪が吸収されるのを防ぎ、脂肪を減らす効果もあり、ダイエットも期待できます。虫歯菌の繁殖を防ぐ効果や口臭が気になるときに飲むと脱臭効果もあります。

お茶は薬ではありませんが、薬品に劣らない自然の有効成分が含まれていて、病気の原因から体を守り、健康な状態を保つために役立ちます。

これらのことを考えると、お茶は、もっとも身近にあって、優れた効果をもつ、最強の健康飲料と言えますね。  

↓ おひとり、おひとつのクリックが励みになっています。

よろしくお願い致します。(^_^.)

May 31, 2005 in 健康 |