« 伝統技術で作られた、今風のユニーク五月人形 | Main | 手紙は素敵 »

April 18, 2005

「ご当地キティ」はカテゴリを決めて集める

by<アンケート調査・インターネット調査モニター>卯月

うちには女の子が2人おりますので、なんとはなしに「キティ」ものが集まってきます。

もらいもの、みやげもの、自分が買うもの…。思えば、長女を産んだ3時間後に届いた実父からの祝電も、キティちゃんのぬいぐるみが届けてくれたっけ。美術館に行くのが好きな夫もついアートの世界に進出したキティを子どもと一緒に見に行ってしまったりします。

遊園地にいくのも、サンリオのイベント目当て(もちろんキティちゃんと一緒に写真を撮るのが第一目的です)。お下がりでいただく衣類もキティちゃん比率はかなり高いです。買わないつもりでも、遠足用の水筒や弁当箱、普段使いの箸、カトラリーにパジャマ…。手ごろな大きさで子どもの気に入るものはやはり馴染み深いキティちゃんがついています。

おばあちゃんが買ってくれるよだれかけも教育絵本もキティちゃんもの。どうしても違うものを買おうとがんばるとウサハナちゃんものになる…。「サンリオ恐るべし」の日々であります。

旅行に行っても、目に入るのはおなじみキティちゃん!我らがキティちゃんが行く先々でどう変身しているのか、買わないまでもチェックせずにはおれないんですよね!で、少なくなった夫婦の会話にちょっとした笑いをもたらしてくれます。

ご当地もの専門のコレクターはいるんだろうな、とは思っていましたが、やはり、いました。

手に入れたご当地キティを次々とアップするブログ

ここで拝見した中では、福島限定 小原庄助キティが、目をつぶってオフロに入っているのがかわいいと思いました。

手に入れたご当地キティを次々とアップするブログ: 福島限定 小原庄助キティ

1つ買ったら集め続けないと気がすまないような心理、なんだかわかりますよね。
このブログでは、
  ファスナーマスコットor根付中心収集
をなさっているとのこと。同じカテゴリで集めているので、分類や展示もしやすいのですね。知人に協力をお願いするにも買うものは決まっているのですからムダがないし、集めていると知ってプレゼントしてくださる人も多そうです。小さいから場所もとらずに収集を続けられるのも魅力。なるほど~っとうなってしまいました。収集家同士で情報交換するのも楽しいでしょうね。ご当地キティの楽しみはなかなか奥が深いと感心してしまいました。

ここまで書いてみて、わたしは自分がかなりキティちゃんファンであることに、ふと気づいてしまいました。世の中、わたしみたいな無自覚キティラーはきっと多いのでしょうね。ちょっとファンレターを書いてみました。

---------
キティちゃんへ。
あなたを見ていると、かってある有名歌手が「スターはどんな仕事でもできるのがスターだ」といっておられたのを思い出します。数年前から100円ショップからみやげ物からなんにでも進出しはじめたあなたをみて、仕事をしすぎなのでは、と心配しておりました。干支のデザインのシールで、とぐろを巻いた蛇を頭に載せているあなた。高崎名物のだるま弁当になったあなた。たしかにかわいかった、つい、買ってしまった!でも、あなた、ネコですよね。もうそんな基本的なことすら忘れさせてくれますね。「仕事を選ばなくなった」「せっぱつまっているのでは」と心配しましたが、杞憂でした。あなたは、あなたが真のスターだから、なんでもできるのですね。いまや国際的スターですもんね。なんでもチャレンジするあなたに元気をもらっています。どうか、体に気をつけて、これからもがんばってくださいね。

娘2人の母より

↓ おひとり、おひとつのクリックが励みになっています。

よろしくお願い致します。(^_^.)

April 18, 2005 in 旅行・映画・演劇・音楽・読書 |