« おしゃれな漢方ブティックに注目! | Main | 若者でなくても・・・青春18きっぷ »

March 28, 2005

育児雑誌なら数多くあれど・・・・・

by<アンケート調査・インターネット調査モニター>きのこ

子育てにおいての悩みは、日々つきることがありません。そんなとき、周囲の人間に相談することはもちろんのこと、より多くの意見や回答や求めて、育児誌を読みあさることもあります。専門的な立場から書かれた意見は、非常に参考になるのです。

最近の育児誌は、とても豊富で充実していますよね。子どもの年齢別に読者ターゲットが細かく分かれていたり、育児誌といえどもで非常にオシャレだったり、雑誌まるごと育児の節約術だったり。読者が求めるスタイルの数だけ、育児誌が存在するようです。

そんななか、パパとママに贈る新しい感覚の雑誌「日経Kids+」が発売されています。テーマは「遊び」「学び」「健康」。日経から出版されていることもあって一見知的なイメージですが、頑張って子育ていなければ、という堅苦しさは全くありません。むしろ、肩のチカラを抜いて子どもと楽しみながら一緒に学ぼう、というラフな感覚がとても読みやすいです。

今までは、育児誌といえば対象は母親だと決まっていましたが、この雑誌では父親もしっかり対象です。“「パパ、さすがぁ」と言われる遊びのスゴ技大図鑑”なんていう特集、新鮮ですよね。これなら、奥さんにばかり育児を押し付けている御主人も一緒に参加できそうですよね。

さて、この雑誌はannakonnaさんのブログにも紹介されています。

子どもと読みたい本、水族館データ、(子ども向けでなく)子どもに見せたくなる映画紹介、「キッズプラス」が“スゴ技”と呼ぶところの紙ひこうき、組み立ておもちゃ、ご近所アウトドア、レアおもちゃ、靴選びなどなど・・・テイストは違えどその素材は不肖私の求めてきたものとかなーりかぶる。

どの特集も、子どもだけを主体にするのではなく、きちんと「親子で一緒に楽しめること」に重点を置かれているのが素敵です。難しいことなどひとつも書いてありません。大きな幸せを求めなくとも、身近にある楽しみを親子そろってたくさん発見していけたらいいですね。

↓ おひとり、おひとつのクリックが励みになっています。

よろしくお願い致します。(^_^.)

March 28, 2005 in 旅行・映画・演劇・音楽・読書 |