« ビッグリバー | Main | おでんレンジャー »

February 10, 2005

公認会計士も愛用する簡単家計簿

by<アンケート調査・インターネット調査モニター>カトリーヌ

公認会計士のムギさんは、主に外資系企業でご活躍される正真正銘のビジネスウーマン。そのうえ三人のお嬢様に恵まれたワーキングマザーでもあります。

そして、実は女性コミュニティ・サイト草分けの一つと言われるムギ畑の創始者でもある……とくれば、想像もつかないほど多忙な毎日をお過ごしに違いありません。

そんなムギさん(日々の生活から起きていることを観察しよう!! by ムギ「レシート貼るだけ家計簿 その後の効果」)に選ばれた家計簿がこれ、レシート貼るだけ家計簿です。

この家計簿のいいところは、右脳と左脳を融合するところだと思います。

レシート、という右脳的、ビジュアル的にわかりやすいものを使い、貼り付ける、という楽しさで誘導しながら、左脳で数値を計算していく。その課程で気づきが出てきて、お金の使い方が上手になってきます。

なんと説得力のあるコメントでしょう。経営コンサルタント、トレーダー、リサーチャーと記されたムギさんのご経歴から察すると、家計のやりくりなどお茶の子さいさいといったイメージがあるのですが、どうやら未だ課題はお持ちのようです。それだけ家計のやりくりは、難度の高い仕事だということでしょうか。

私がときおり耳にする家計簿の話といえば、「今年こそは家計簿をつけようと決心するんだけど続かないのよ……」、「お財布にレシートがたまるともうだめ……」、「細かい数字が並んでるのって苦手で……」などという内容。身に覚えがあるだけに深くうなずいてしまいます。

そういうご経験がおありの方は、この家計簿で再度チャレンジなさってみるとよいかも。なんと言っても、貼るだけで書き込む必要がないのです。

その上、結果は棒グラフ上に貼られたレシートで一目瞭然!「まずは一年続けること」を目標にやってみると、案外うまくいくかもしれません。

ただ一つ引っかかったのは、レシート単位の管理では食費と日用品の区別をつけたい時に困ること。ほら、スーパーマーケットではシャンプーも大根も一緒にレジへ持ち込んだりしますよね。そういう時のレシートはどの欄に貼り付ければよいのでしょう。

家計のだいたいの流れをつかみたい方には楽しく使えそうですが、一円単位までしっかり管理したい几帳面な奥様にはおすすめできない気がしました。

……と、ここまでは家計簿の話。私が見習いたいと思ったのは、ム
ギさんの家計管理への姿勢です。

家計の割り振りを、食費をより豪華に、書籍をより絞って使うことにしようと決心しました。

家計簿に収支の詳細を記帳したなら、一定の期間ごとに全体を見直しさらに上手にやりくりできるよう知恵を働かせてこそ、家計簿の存在意義も高まるというものですね。

↓ おひとり、おひとつのクリックが励みになっています。

よろしくお願い致します。(^_^.)

February 10, 2005 in 家事・家計 |